検索ワードを入力して「Enter」キーを押すと検索できます。キャンセルするには「Esc」キーを押してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プレスリリースの配信方法


プレスリリースというのがどういったものなのかをある程度理解した後は、「では実際にどうやって配信をすれば良いのか?」という疑問が浮かんでくると思います。

メディアにプレスリリースを配信する方法として、主に考えられる配信方法は下記の3つになります。

  1. 自社で配信
  2. 配信代行サービスを利用して配信
  3. 広告代理店・PR会社に業務委託をして配信

ここでは上記3つの配信に関する特徴、またそれぞれのメリット・デメリットについてお話します。

各プレスリリース配信方法の特徴とメリット・デメリット

①自社で配信


配信をしたいメディアをピックアップし、リストを作成してプレスリリースの作成・配信(+効果検証)までを全て自分たちで行う方法です。

全てを自分たちで行うため、人件費以外のコストに関しては限りなく“ゼロ”に近いというのが最大のメリットとして上げられます。

ただしプレスリリースの作成はもちろんですが、配信先のメディアリストを一から作るという作業は、各メディアを1件1件調べプレスリリースの送付先や送付方法(メール・FAXなど)を調べたり確認をしたりせねばならず、想像以上に膨大な手間がかかります。

またプレスリリースがメディアにニュースとして掲載されなかった場合、自社のHP(その他のオウンドメディア)以外では、世の中にはその情報がほとんど公開されず、メディアやターゲットに訴求しきれないという点が考えられます。

②配信代行サービスを利用して配信


自社のプレスリリースを代行で配信してくれるサービスです。

基本的に原稿の作成や配信の設定などは自分たちで行いますが、メディアリストなどは配信代行会社が保有しているリストを利用することが出来ます。

配信代行サービスを利用して配信する最大のメリットは、メディアリストを自社で一から作る必要が無いという点です。
上記でも触れましたが、メディアリストの作成や管理(クリーニング)というのは想像以上に手間がかかります。

また主要な配信代行サービスに関しては、各社日本有数のニュースサイトやポータルサイトと提携し、プレスリリースをWEB上に掲載することが出来るネットワークを構築しています。

これは配信したプレスリリースがメディアに取り上げられなかったとしても、提携しているニュースサイトやポータルサイトにプレスリリースが掲載されるため、全く世の中に情報が出ずに終わるといったことがありません。

提携しているニュースサイトやポータルサイトに掲載されたプレスリリースは、検索エンジンデータに蓄積されることによって、情報を探しているメディアやビジネスのターゲットユーザーにアピールする機会を作ることも出来ます。

ただし、配信代行サービスによって提携しているメディアの媒体数や保有メディアリストの数、効果測定サービスなどの内容に違いもあり、また料金も異なるため、自社のニーズに合った配信代行サービスを利用することがポイントです。(相場は1回配信3万円程度)

③広告代理店・PR会社に業務委託をして配信


プレスリリースの作成だけでなく自分たち専用の配信先メディアリストを作り、配信からその後のフォロー、レポートまでを一貫して行っていただくサービスです。

広告代理店・PR会社に業務委託する最大のメリットは、広報やPR活動に関する部分をその道のプロたちに任せることが出来るという点でしょう。

業務委託する事によって、自分たちはそれ以外の業務や活動に専念することが出来ます。
またプレスリリースの配信だけにとどまらず、記者会見などのイベントや戦略の段階から活動に関わってもらうことが出来るというメリットも上げられます。

ただしコストに関しては上記で説明した2つとはかなり違います。
どういった内容で業務委託をするかにもよりますが、大手の広告代理店・PR会社など依頼をする場合、月にかかるコストは数十~数百万円以上です。

広報やPRに関しては広告と違い掲載などの確約が出来ないため、望んでいたほどの効果が得られなかったとしても、活動費として費用が発生する点や長期的な施策となる場合が多いため、まとまった予算が必要となります。


以上のことからポイントをまとめてみます。

プレスリリース配信方法まとめ

自社で配信

メリット
費用は人件費のみなのでコストがかからない。

デメリット
労力が非常にかかる。
(一からのメディアリスト作成やメディアリスト管理)

配信代行会社

メリット
比較的低料金でプレスリリースを配信するネットワークが構築できる。
(メディアリストの作成や管理がいらない)

デメリット
基本的にプレスリリースを自社で作成しなければならない。また、各社でサービス内容や料金にバラつきがあるため、自社に合うサービスをしっかり見極める必要がある。
※有料ですがオプションで原稿作成を行ってくれる会社もあります

広告代理店・PR会社

メリット
配信からレポート、イベントや記者会見などプレスリリース以外の広報業務を総括的に任せることが出来る。

デメリット
効果の有無に関わらず数十~数百万以上の費用がかかる。
※成果報酬型の企業は除く


プレスリリースという特性上、確実に掲載を保証することが出来ないという点や、それぞれサービスの内容や料金も異なるので一概にどれが1番良いというのはありません。

サポート内容や予算などを踏まえた上で、どういった形で取り組んでいくのが自分たちにとってベストなのかを考えることが重要です。

最後に、全ての配信方法について言えることですが、プレスリリースを配信した日は、メディアからの連絡に対応できるよう、担当者は会社内にいるようにしましょう。メディアの方々も暇ではありませんので、担当者に連絡が取れなければ次のネタを記事にします。『連絡が取れれば記事にされていたのに』なんて言ってもあとの祭りです。

プレスリリースの作成から、配信後にいたるまでしっかりとした対応を心がけてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドリームニュースはお客様のプレスリリースを各メディアに配信し、ビジネスの更なる飛躍を手助けするPRツールです。ドリームニュースでプレスリリースを配信することにより、メディアに取り上げられる機会を大きく増進させ、さらに提携している有力WEBメディアに掲載されることによる効果も絶大です。全ての作業をWEB上で簡単に行えるため、非常にスピーディーで効率的なWebPRを実現しました。