• このエントリーをはてなブックマークに追加

101回目のプレスリリース 最終話「真実の愛に目覚めた男、現る」


prmag_original00

『101回目のプレスリリース』は、「プレスリリースの配信」を題材に「恋愛」を掛け合わせ、物語としてプレスリリースや広報の基本を学んでいただけるストーリーコンテンツです。

前回までのあらすじ】
念願だった麗子との食事デートを雰囲気よく終えたタカシマ。しかし、麗子とは恋人でもないのに2人で撮った写メを「彼女と食事をした」とFacebookにアップしてしまう。自身が発信した情報がSNSで拡散されていることに驚いたタカシマは慌てて自らのコメントを削除するが時すでに遅し。またもやこっぴどくリリーに説教されるタカシマだったかが、時折不可解な言葉遣いをするリリーに対しひとつの疑念が生じる。事の真相を確かめるべく、タカシマはついにリリーの元へ向かった。

―とある日の午後―

prmag_original_6_ico01

あやしい・・・実にあやしいぞ リリーくん!

takashima_ico_2_03人物紹介:タカシママサシ
都内の飲食メーカーに勤める28歳の会社員。広報担当。
プレスリリースの基本は分かっているが、恋愛に関しては全くダメ。広報担当者の交流会で出会った麗子とデートの約束を取り付けるために日夜奮闘中。趣味は将棋の棋譜を眺めること。
1
prmag_original_6_ico02

な、なにがベア?ミーは決してあやしいものじゃないベア、善良な市民ベア

lily_ico_1_06人物紹介:リリー
恋愛のアプローチ方法をプレスリリース配信で紐解くという独自の理論を持つ謎のぬいぐるみ。
タカシマを指南するために現世にやってきた。
白くまでは無いと言い張るが語尾に「~ベア」が付く。
prmag_original_6_ico01

いや、もう俺はだまされないぞ!ずっと前から気になっていたんだ。麗子さんしか知らないことをリリーが知っていたり、リリーのしゃべり方が麗子さんの口調に似ていることが!麗子さんとリリーは一体どういう関係なんだ!答えろ!

2
prmag_original_6_ico03

答えなければ・・・そのスカーフ取っちゃうからな~

3
prmag_original_6_ico04

や、やめるベア

4
prmag_original_6_ico05

あっっっ!

5
ポテッ
 


 

 

 

prmag_original_6_ico07

フッ。こうなった以上はもう隠せないみたいね

prmag_original_6_ico07人物紹介:道明寺 麗子
アメリカで最先端のマーケティングPRを学んできた敏腕広報ウーマンの28歳。
帰国子女で語学が堪能。現在は様々な企業の広報でコンサルティングをしている。
主人公タカシマが恋い焦がれる女性。
       
7
prmag_original_6_ico08

れ、麗子さん。なんで麗子さんがここに!?

prmag_original_6_ico07

今のリリーはもう動かないわ。それにリリーはね、全てこの私が操っていたのよ

8
prmag_original_6_ico09

!? 操つるって何?。リリーと麗子さんってどういう関係?

prmag_original_6_ico10

全てを明かしましょう。

9
prmag_original_6_ico10

以前からあなたが私に気があることは知っていたわ。私だってタカシマくんと話をしていると楽しいとは思っていた。だけどタカシマくん、、、あなたはまだまだこの私にはふさわしくなくってヨ!!!

prmag_original_6_ico10

そこで私は超最新式のぬいぐるみ型アンドロイドロボットのリリーを開発して、あなたの元へ送り込んだってわけ。これまでリリーはきちんと恋愛の基本をタカシマくんに教えてくれたでしょ?

prmag_original_6_ico10

ほら、あなたが手に持っているリリーのスカーフ、それには通信機が内蔵されているの。私のスカーフから電波を受信して動いていたのよ。つまり、リリーと私は一心同体ってこと


10

prmag_original_6_ico11

一心同体!?そういえば俺の前にリリーが現れる時は、決まって麗子さんらしき人影をみたような・・・

30
prmag_original_6_ico11

つ、つまりあの麗子さんは、毎日俺の行動を監視しながらリリーを操っていたというのか。。。

11

12
(ガクガク ブルブルッ)

prmag_original_6_ico12

麗子さん、そこまでして俺のことを・・・

13
prmag_original_6_ico13

ストーカーしていたのかーーーー!!!

prmag_original_6_ico10

し、仕方ないじゃない。あなたのそのトンチンカンな恋愛スキルをどうにかするにはこれしかなかったのよ

14
prmag_original_6_ico01

こんな恐ろしい女からは・・・一目散に逃げるのみ!

805(1)
prmag_original_6_ico10

あっ、待ってタカシマくん

index
prmag_original_6_ico26

うっ逃げ足の早いヤツめ・・・ こうなったら・・・

17 18
prmag_original_6_ico07

さぁリリー達!タカシマを追いかけなさい!!

prmag_original_6_ico22

タカシマ~!待つベア~!

19

 
 


 
 

 
 

 
 
20

prmag_original_6_ico15

な、なんじゃこりゃー!助けてーーー!!!

prmag_original_6_ico05

あっ

80523別ver
prmag_original_6_ico27

くっ!俺の人生、もはやこ・れ・ま・で、、、

prmag_original_6_ico22

ち、ちがうベア。待つベア、ミーは・・・

23
prmag_original_6_ico17

今のミーはもう麗子に操られてないベア

prmag_original_6_ico16

えっ?

prmag_original_6_ico17

なぜだか分からないけど、ミーのスカーフの受信機はもう完全に壊れているベア。でもこうして自由にタカシマと話せるようになっているベア


24

prmag_original_6_ico18

うわーーーーん。俺はぁーーーもうリリーが死んじゃったと思ったんだよーーー。

25
prmag_original_6_ico20

そんなことないベア。たしかにミーの正体はロボットなんだベア。でもミーには人工知能のシステムが埋め込まれているベア。だから麗子に操られなくなっても、ユーとの思い出は残っているし、これからも会話はできるベア

prmag_original_6_ico19

よかったーー!!!・・・ふぅ、それにしても今までいろんなことがあったなぁ。

26 31
prmag_original_6_ico21

・・・俺は今やっと気づいたよ

prmag_original_6_ico22

ん?なにがベア?


27

prmag_original_6_ico23

俺はリリーが好きだ!愛してる!

28

prmag_original_6_ico24

ミーもベア。I love you too!!

29
prmag_original_6_ico25

はぁ・・・俺にもようやくかわいい恋人ができたなぁ。


こうして長年恋い焦がれた麗子との恋を完全に断ち切ったタカシマは、リリーという新たな相棒を見つけたのであった。

真実の愛に目覚めた男、タカシマは今日も謎のぬいぐるみリリーと共にゆく。

~The End~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加