• このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年に誕生!注目の<ライフスタイル系>新メディア5選


new-media201501
今回は、2015年上半期に誕生したさまざまなメディアの中から、編集部が注目する新メディア5つをご紹介します。これらのメディアは、雑誌やWEB、スマートフォンアプリの垣根を超えて読者へ情報を届けているのが特長です。

※順不同

1. クックパッドmagazine!

cook1
[媒体名]クックパッドmagazine! [創刊日]2015年7月2日 
[監修]クックパッド株式会社 [発行]株式会社宝島社 
[刊行サイクル]隔月刊2日発売 [定価]490円(税別)

~クックパッド&宝島社の共同企画となる料理生活誌~

料理レシピの投稿・検索ができるWebサイト「クックパッド」と出版社の宝島社が、流行レシピや生活情報などの「最旬」トレンド情報を広く発信していく料理生活誌です。
料理はもちろんのこと、掃除や収納など生活に役立つ情報が満載。毎号、両社の編集者が合同会議を行い「今流行しているもの」「生活に役立つもの」を提案し、「試してみたくなる」「料理が楽しくなる」「毎日が楽しくなる」情報を発信していくメディアです。

2. おとなスタイル

main
[媒体名]おとなスタイル [創刊日]2015年8月25日 [発行]株式会社講談社
[刊行サイクル]季刊・年4回発売 [定価]780円(税込)

~50代からの「楽しむ」「備える」ライフスタイルマガジン~

50代からは、いろいろな我慢はもうストップ。やりたかったことを始め、自分らしい豊かな時間を過ごす、実りの時。おとなって、楽しい!女性が心からそう思えるようこれからの生き方・楽しみ方を考える雑誌です。
「今の私に合う趣味は?」「いつも素敵な人のきれいを保つコツは何?」「もっと私にいいコスメや似合う服はどう選ぶの?」「あったら便利・快適・安心な暮らしのお役立ち情報は?」
おとなスタイルは、そんな50代の女性たちがリアルに知りたい最新情報を届けていくメディアです。

ウェブサイト版「おとなスタイル」も同時オープンしています。主なコンテンツカテゴリーは、「お出かけ」「食べる」「買う」「学ぶ」「健康」「キレイ」となっています。

3. EDIST. WEB MAGAZINE

edist
[媒体名]EDIST. WEB MAGAZINE(エディスト ウェブマガジン)
[運営開始日]2015年9月14日※プレリリース [運営元]株式会社enish 
[サイト]EDIST. WEB MAGAZINE

~大人の女性のためのリアルトレンドを発信するWEBマガジン~

『EDIST.』は、“あなたのセンスがメディアをつくる”をテーマとし、アプリ・WEB・雑誌の複数メディアを用いたクロスメディアです。9月14日にプレリリースされた『EDIST. WEB MAGAZINE』では、EDIST.編集部によるトピックスを発信。『EDIST.』のアプリでユーザーが発信して注目を集めたトピックスや、アプリや雑誌で活躍しているユーザーが登場し、大人の女性のためのリアルトレンドを届けていくメディアです。WEBマガジンの主なコンテンツカテゴリーは、「ファッション」「ビューティ」、また、旅行やグルメなどの「ライフスタイル」となっています。

なお、雑誌『EDIST.』は、2015年11月に主婦の友社から発売が決定しています。

4. ネタとぴ

netatopi
[媒体名]ネタとぴ [運営開始日]2015年5月25日 [運営元]株式会社インプレス
[サイト]ネタとぴ

~やじうまネタを毎日お届け! スマホターゲットのやわらか系メディア~

「ネタとぴ」は、話題にしやすい”ネタ”を提供し、SNSやリアルライフでのコミュニケーションをより楽しんでもらうためのメディアです。身近な食べ物、スマホアプリ、アニメ、マンガ、ネットで盛り上がっている話題など、誰でも親しみやすく共有しやすい旬の”ネタ”を中心に届けていくとのこと。
記事カテゴリーは、「IT・スマホ」「エンタメ」「フード」「ゲーム・ホビー」「アニメ・マンガ」「ライフ」「ネットの話題」の7つとなっています。

5. dressing

guru
[媒体名]dressing(ドレッシング) [運営開始日]2015年9月14日 [運営元]株式会社ぐるなび
[サイト]dressing

~ぐるなびのビッグデータ&ネットワークを活用!食の感性を磨くWEBメディア~

編集部や海外在住のジャーナリスト独自のネットワーク・リサーチに基づく国内外のグルメトレンド情報をはじめ、ぐるなびデータ×食の専門家によるトレンド予測、シェフが注目している食材、話題の新店情報などさまざまなオリジナル情報を配信していくメディアです。「食の裏も表も知り尽くした」知識人にコラムやレストラン紹介を依頼。正しいお店の選び方やメニューの選び方など、読み続けるうちに読者の食のセンスが磨かれ、満足のいくフードライフを確立してもらうことを目的にしています。

運営元のぐるなびが蓄積してきたアクセスデータや検索ログ、店舗情報、シェフのネットワークなどさまざまなデータを記事の土台としていくので、より信頼性の高い記事を届けることができるのが強みです。


いかがでしたか?
近年、歴史ある雑誌の相次ぐ休刊や廃刊のニュースが取り沙汰される出版業界ですが、それでもこれからの新たな時代を担うべく、日々こうして新しい媒体が誕生しているんですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加