• このエントリーをはてなブックマークに追加

プレマガ1周年 1年の疲れを癒すオススメのツボ5選


tsubo301

時が経つのは早いもので、このプレスリリースマガジンも無事1周年を迎えることができました。
プレマガ編集部スタッフがコツコツと記事を更新してきたせいか、最近ではサイトのアクセス数も増え、facebookのいいね!も付くようになり、「記事の更新楽しみにしてます」という嬉しい声も聞くようになりました。プレマガ編集部スタッフ一同とてもうれしく思っています。これからも宜しくお願いします!

今回は1周年ということでバナーにもただならぬ気合いを感じますね!
ということで、意外にも?人気なツボ記事いってみましょう(笑)


これこそ最強のツボ 合谷(ごうこく)

合谷は、人差し指と親指の骨が合流する所にできるくぼみに位置します。親指で押したときにジーンとくるところはありませんか?名前の由来は、親指と人差し指を開くと深い谷に見えることから名づけられたという説があります。
ごうこく

最強のツボと呼ぶにふさわしく、さまざまな効能があると言われています。例を挙げると頭痛、花粉症、難聴、歯痛、肩こり、かぜ、ストレス、便秘、下痢、etc…
また、合谷を押すと鈍い痛みの刺激が脳に伝わり、脳内に「エンドルフィン」というモルヒネのような物質が大量分泌され痛みをマヒさせるため、痛みを緩和させる効果も得られます。親指を骨の真下にもぐりこませるように3〜5秒押して、1秒休むといったリズムで押してみましょう!

快適な睡眠はプライスレス 失眠(しつみん)

失眠は足の裏側のかかとの中央に位置します。かかとの中央に少しくぼんだ部分があるでしょう。そうそこが失眠です。「眠りを失った時に効果的な経穴」という意味でこの名がついたそうです。
しつみん

人は生まれてから死ぬまで長い人生の中の約3分の1は睡眠と言われています。人生を80年とすると約26年も寝ていることになるのです。良質な睡眠で人生を健康に過ごしたいですね!不眠解消だけでなく、むくみ解消、足の疲れなどにも効果があります。
ツボを押す前にお風呂にゆっくりつかって温めると効果倍増ですよ!握りこぶしでゆっくり叩いてみてください。お灸をするのもよいですね。

冷房で冷えた体もここを押せば、あったかいんだからぁ〜 三陰交(さんいんこう)

三陰交は、足の内側のくるぶしから指4本分上の内側にあり、骨と筋肉の境目のくぼみに位置します。足を通る3つの陰の経絡がすべてそこを通過することに由来するそうです。
さんいんこう

今年の夏はかなりの猛暑だそうです。そんな時心配なのが強すぎる冷房からくる体の冷え。冷えてしまった体や足腰を温めるのに最適なツボそれが三陰交です。その他女性特有の悩みである、冷え性、生理痛、生理不順、更年期障害にも効果があるといわれています。深呼吸をしながら、3~5秒間ゆっくり押してみましょう!

安心してください。起きてますよ! 中衝(ちゅうしょう)

中衝は、中指の爪の底の線と、爪の親指側の縦の線が交わる点から親指側に3mmくらいのところに位置します。中指動脈拍動部にあることから名づけられたと言われています。
ちゅうしょう

以前フジテレビの「ホンマでっか!?TV」で放映されていましたが、このツボは不思議なツボで、異常な眠気が起きた時に押すと目が覚め、眠れずに困ってる時に押すと眠りやすくなるという魔法のようなツボなのだそうです。ちょっと痛いなと感じるぐらいの強さで15秒~60秒ぐらい押してみてください。眠気が瞬時に飛んだというクチコミが多数のおすすめのツボです。

食欲が止まらない?あーそれ伸びしろですね! 中脘(ちゅうかん)

中脘は身体の中心線上で、おへそから上に指5本分上がったところに位置します。ちょうど胃の中心ですね。中は胃の中央、脘は胃腑すなわち体内の空洞(胃)を意味することに由来します。
ちゅうかん

良質な睡眠と共に大切なのが、食事です。良い食事を摂るためにも胃を最高の状態にしておきましょう!中脘には、食欲不振や消化不良など改善し、胃の調子を整える効果があります。また、脂肪燃焼を促進する効果もありますのでダイエット中のあなたにも最適です!
中指の腹を当て3本の指で3秒~5秒程度ゆっくりと押してみましょう。


いかがでしたでしょうか?
ちょっとした空き時間にツボを刺激するだけで、スッキリすること間違いなしです。
キャップのフタが丸みを帯びているボールペンや口紅やマニキュアなどで押すのも効果的ですよ!シールをはがしてツボに貼るだけのお灸シールといったものもあるので、自宅でお手軽にお灸ができちゃいます。ぜひ試してみてください!!

それでは第4弾のツボ特集お楽しみに!

prmag-bnr

  • このエントリーをはてなブックマークに追加