• このエントリーをはてなブックマークに追加

魅力的なご当地PRを!自治体にみるシティ・プロモーション事例3選


gotochipr01

5月だというのに最近は暑い日が続いていますね。本格的なレジャーシーズンである夏ももうすぐ!ということで、今から旅行の計画を立てたくなってしまう今日この頃です。
さて、今回はそんな旅先やレジャースポットとしてぜひ訪れたくなるような魅力的なご当地情報を発信している自治体の「シティ・プロモーション事例」を3選ご紹介します。

なお、「シティ・プロモーション」とは、「地域再生」「観光振興」「定住人口獲得」「企業誘致」などを目的として、地域のイメージを高め知名度を向上させる活動を指します。

1.松山市(愛媛県)

matuyama

四国・愛媛県松山市は2013年10月2日に、同市の魅力を全国に発信する目的で制作したPR用オリジナルアニメーション「マッツとヤンマとモブリさん ―七つの秘宝と空飛ぶお城―」を公開しました。

アニメの内容は、道後温泉や松山城など市内の名所を舞台に繰り広げられる冒険活劇で、松山市出身のタレントの友近さんがアニメキャラクターとして出演するほか、人気声優の水樹奈々さんをはじめとした松山市や愛媛県の出身者たちがアフレコに参加し“豪華すぎるご当地アニメーション”としても話題になりました。

現在は、続編の「マッツとヤンマとモブリさん2」も公開されています。

「マッツとヤンマとモブリさん ―七つの秘宝と空飛ぶお城―」の公式サイトはコチラ
公式サイトのプレスリリースはコチラ

2.佐賀県

saga

佐賀県は、県の存在感を高めるとともにイメージ向上を目指し、自治体という枠組みを超えて様々な企業やブランド、メディア等とコラボレーションしていく情報発信プロジェクトとして、2013年に『FACTORY SAGA(ファクトリー サガ)』をスタートさせています。

2014年10月には、佐賀県×森永製菓のコラボチョコレートを販売したりとその活動は注目を浴び、これまでに、日本テレビ「news every.」やテレビ東京「ワールドビジネスサテライト」などのニュース番組をはじめとする各メディアにも紹介された実績があります。

「FACTORY SAGA」の公式サイトはコチラ
公式サイトのプレスリリースはコチラ

3.鳥取市(鳥取県)

totori

鳥取と聞くと、「砂丘」や「スターバックスがなかった県」(※いよいよ2015年5月23日に鳥取県の1号店「シャミネ鳥取店」がオープンします)というイメージが強いですが、それだけではない鳥取県の魅力をもっとアピールしたい!ということで、2014年7月にPRキャンペーンプロジェクト「すごい!鳥取市」がスタートしています。

キャラクターとして起用されたキュートな「SUGO!USAGI(すご!ウサギ)」とともに、鳥取に住んでいる市民により選ばれた鳥取のすごい!が、画像や動画でアップされています。見ているだけでも、今すぐ鳥取市を訪れてみたくなるサイトですよ。

「すごい!鳥取市」の公式サイトはコチラ

いかがでしたか?今回のご紹介した自治体は、もともとある地元の資源や魅力を再発見し、多くの人に楽しんでもらえるプロジェクトとしてまとめています。また、こういった活動は単発ではなく、長く発信し続けていくことが大切ですね。さて、みなさんの出身地の自治体は、どのような取り組みをしていますか?

prmag-bnr

  • このエントリーをはてなブックマークに追加