• このエントリーをはてなブックマークに追加

人事担当者必見!社員の生産性やモチベーションを上げるユニークな制度・福利厚生10選


welfare01
世界のスタートアップ企業たちに負けず劣らず、日本でも優秀な人材が独立しスタートアップ企業として新しい事業へチャレンジしてサービスをリリースしています。
どんどん面白いサービスや製品が世に誕生していくことは日本が活性化され喜ばしいことですが、経営者や人事担当者としては優秀な社員には今後も自社で頑張ってもらいたいというのが本音でしょう。(出来れば転職も避けたいですよね!)
働く社員のモチベーションを上げ、仕事の生産性を高めるためにも社内の制度や福利厚生は非常に重要です。
そこで今日は社員の生産性やモチベーションを上げるユニークな制度・福利厚生10選をご紹介したいと思います!
※順不同

社員の生産性やモチベーションを上げるユニークな制度・福利厚生10選

1.ノバレーゼの「年間MVP表彰制度(殿堂入り制度)」

1年間で最も活躍したスタッフを各部門ごとに表彰する制度。

活躍したスタッフを表彰するというのは他の会社でも取り組まれている制度ですが、なんと最大賞金は100万円!そして複数回MVPに選ばれると殿堂入りとなり、年間120万円の使うことが出来るコーポレートカードが貸与されます!しかも会社に在籍する限り無期限。凄い…
URL:株式会社ノバレーゼ

2.ウエディングパークの働く女性への出張サポート制度 「b-trip」

営業職として働く女性への出張サポート制度。

出張がある女性営業社員へ、シャンプーやコンディショナーなどが詰まったビューティキットを配布し出張を応援するというもので、制度が誕生した背景には「出張先のホテル等をよりリラックスできる空間にしたい」「備え付けの化粧品を使うと肌荒れや髪がゴワゴワになる」という声が多かったことから導入したそうです。
育児休暇や時短勤務など女性の育児をサポートする制度は今までもありましたが、出張の多い女性営業社員ならでは悩みを解決してくれる目の付け所が面白い制度ですね。
URL:株式会社ウエディングパーク

3.クルーズの「ママサポ」

その名の通りママをサポートする制度。

年1回子供の誕生日に30万円を進呈し、子供が満4歳の誕生日を迎えるまで(計120万円)進呈し、復職をサポートするという働くママには超嬉しい制度です!
育児には何かと費用がかかりますし、やはり金銭面でのサポートは大きいですね。
クルーズさんにはこれ以外にも、月に一度有休・代休の取得日を決定し、有給休暇・代休消化を奨励する「ラリホーマ」や、勤続丸7年を迎えた社員に5日間の休暇となんと15万円もの旅行代金をプレゼントする「ルーラ」といった制度など、ゲーム会社ならではのネーミングと面白い制度が沢山あります!
URL:クルーズ株式会社

4.サニーサイドアップの「プライベートしっかり」制度

プライベートを充実させるために、様々な特別休暇を取得できる制度。

「誕生日休暇」などのスタンダードな休暇もあるのですが、なんと「恋愛勝負休暇」や「失恋休暇」なるものも!
正直こんな特別休暇は見たことありませんでした。ですが、確かに大失恋した後なんてとても仕事にならないですよね。賛否両論あるそうですが、とても面白い!実際使われるとこんな感じでしょうか(苦笑)

staff01
「あれー、今日MATSUくん見かけないんだけど休みー?」

 

staff03
「あ、MATSUさんは今日「失恋休暇」だそうです…」

 

staff01
「ダメだったんだね…」

 

サニーサイドアップさんにはこれ以外にも非常にユニークな制度が32個もあります!
URL:株式会社サニーサイドアップ

5.リクルートキャリアの「アニバーサリー休暇」

健康で生き生きと働くために、有給休暇の取得促進を目的とした休暇制度。

年1回連続4日以上の有給休暇を取得すると、なんとアニバーサリー手当金として5万円が支給されます!
「有給を取ってお金までもらえるなんて最高!」と思ってしまいますが、中々仕事の都合や引き継ぎの問題など有給をしっかり消化するのって難しいですよね。リクルートキャリアさんが本気で社員に有給の取得を促進しているのが伝わります。
ちなみにリクルートグループが提供するリクナビNEXTでは、企業が自由に取り組んでいる研修や社内イベント等の取り組みを発掘する「グッド・アクション2014」を開催。(既に募集は終了)
審査後にはリクナビNEXT特設サイトにて受賞取り組みを掲載するとの事なので、社内制度として参考にするのも良さそうですね。
URL:株式会社 リクルートキャリア

6.ロックオンの「武者修行制度」

一般的な休職制度とは異なり、能力向上を目的とした場合にのみ適用される特別な休職制度。

なんと最大2年間の休職を取得することが出来ちゃう凄い制度!しかも会社に籍を置きながら全く異なる環境下での活動が可能で、休職前の等級(給与)を休職明け後も保障するというもの!
ただしあくまで「能力向上を目的とした場合」であり、休みなわけではありません。
エンジニアの方やさらにスキルアップを本気で目指したい人には嬉しい制度ですね。なんと本制度を利用して既にフランスの大学にて武者修行中の方もいるそうです。
URL:株式会社ロックオン

7.GMOインターネットグループの「シナジーカフェ  GMO Yours」

GMOグループの社員が自由に福利厚生の一環として利用することが出来る社員食堂。

24時間オープンというのでも驚きですが、ドリンク、パン、お菓子、ビュッフェ、軽食など全て無料!
忙しく働くビジネスパーソンにとって社員食堂があるというだけでもありがたいですが、それが全て無料だなんて非常に嬉しいですよね。
金曜日の夜は本格的なBARがオープンし、グループ間を越えた交流の場も積極的に行われているようです。
URL:GMOインターネット株式会社

8.スタートトゥデイの「ろくじろう」

ろくじろうは、「1日6時間労働制」というスタートトゥデイさん独自の取り組み。

あくまで就業規則は8時間であり「6時間だけ働けばいい」という単純な意味ではなく、仕事を終えることが出来れば6時間で帰宅しても良いというもの。給料も変わりません。
仕事の生産性を高め効率よく業務を行うことを目的とした制度で、導入した狙いの1つには働き方の多様化があったそうです。
子供を持つ女性の場合、通常の8時間勤務だと幼稚園のお迎えが難しかったりしますが、この「ろくじろう」があれば仕事も育児も頑張りたい女性にとって力強いサポートになります。
実際に労働生産性は上がっているそうです!
URL:株式会社スタートトゥデイ

9.スパイシーソフトの「週休3日ぽい制」

仕事・家庭のための時間におわれる中堅社員が、個人の時間が作れて、趣味等におもいっきり時間を使えるようにする制度。

先ほどご紹介した「ろくじろう」は時短勤務でしたが、「週休3日ぽい制」は毎週水曜日が「みなし勤務」日となり出勤不要!一切個人の自由な時間となるそうです。
そして勤務したものとみなされるので、給与は今までどおり支給されます。
2日働いて1日休み、また2日働いて2日休む。これぞ理想!と言わんばかりな制度ですが、お客さんやお取引先の事を考えると非常にチャレンジしていると思います。
試験的な導入として2014年10月1日~2015年2月末日までの約5か月間を予定しているそうです。
URL:スパイシーソフト株式会社

10.もしもの「ニッポン応援休暇」

2014年6月にブラジルで開催されたワールドカップに出場する日本代表チームを応援するため『ニッポン応援休暇』制度。
※既に終了しています。

大会期間中、日本の試合のキックオフがAM7:00以降の日は社員一同の午前休暇を実施するというもの!
日本対ギリシャ戦は通勤時間帯でのキックオフとなり、かなりの方が出社ギリギリまで勤務先の近くで観戦していたという報道も出ていましたが、もしもさんでは思い切って午前休暇にしていたのです。
確かに結果が気になり仕事に集中出来ない状態よりも、ちゃんと応援してメリハリをつけた方がいいですもんね!
これ以外にも、社員の働きやすい環境を目指し5年間勤務するごとに連続5日間の休暇を付与する『リフレッシュ休暇制度』や、社員の健康増進のための『野菜ジュース制度』などを導入しているそうです。
URL:株式会社もしも


以上、社員の生産性やモチベーションを上げるユニークな制度・福利厚生10選でした!
どの企業の取り組みも非常に面白くて、こんな制度うちにも欲しいなーというものばかりでした(笑)

この10選の中には入れなかったのですが、私が今回各社の制度や福利厚生を調べている中で一番惹かれたのが、デザインスタジオのワヴデザインさんの下記の制度。

welfare02

始め見た時は一瞬目を疑いましたが、まとめて1ヶ月休める制度です!社会人になってもこんな長期の休みが取れるなんて夢のようですね!
取り組んだ理由としては以下の様に書かれていました。

より多くの経験(インプット)をして、より良いデザイン(アウトプット)をする。そしてより良い仕事をして、充実した人生を送る。
「働き方すらもデザインしたい」という思いから、11ヶ月働いて1ヶ月休む、という試みを始めました。

引用- 11ヶ月働いて1ヶ月休む会社

代表の松本さんは「世界一週」の旅へ出かけ、他の社員の方も「英語留学」をするなど、まとまった休みが一ヶ月間あるからこそ出来る使い方をされています。
※なぜこんな取り組みが出来たのかはワヴデザインさんのブログ記事をご確認ください。

社内制度や福利厚生は社員にとってプラスとなるだけでなく、採用面での強化、企業ブランディング、そしてもちろん自社の取り組みとして広報ネタにもなります。
人事担当者と広報担当者が連携しこういったユニークな制度や取り組みをプレスリリースとして配信することで、ニュースとして報道されたり取材に繋がっているケースはいくつもありますので、面白い制度や福利厚生を導入した際にはプレスリリースの配信も忘れずに!

prmag-bnr

prmag-bnr

  • このエントリーをはてなブックマークに追加