• このエントリーをはてなブックマークに追加

広報担当者にオススメのツボ5選!


tsubo01

9月は季節の変わり目、体調を崩しやすい季節です。夏バテで体調がすぐれない方も多いことでしょう。「体調管理がなっとらん」と言われないためにも心身ともにしっかりと管理したいものです。また、上半期最後の9月は広報担当者も、さぞバタバタすることでしょう。
そんな忙しい毎日を送っている広報担当者にオススメのツボ5選をお届けします。ちょっとしたスキマ時間で心身ともにリフレッシュ!

忙しい広報担当者に!全身を整えるツボ 百会(ひゃくえ)

ひゃくえ
百会は頭のてっぺんに位置します。左右の耳から頭のてっぺんに線を引き、眉間の中心から頭のてっぺんに向かって引いた線が交わったところです。百の経路が会うという意味をもち、全身を整える万能のツボです。

自律神経の偏りを整えるため、全身がすっきりとします。頭痛や精神的ストレス、不眠などに効果があります。忙しい毎日に追われる広報担当者に頭痛やストレスはつきもの。まずは良質な睡眠をとるためにもグリグリしてみましょう!

広報担当者は顔が命! 晴明(せいめい)

せいめい
晴明は目頭のやや上に位置します。左右の目頭から少し鼻よりのくぼみのところです。読んで字のごとくですが、このツボを刺激すると目が晴れて視界が明るくなることに由来しているそうです。

目の周りの血流を良くするため、目の疲れや充血、目の下のクマに効果があります。広報担当者は会社の顔です。目の下にまっくろなクマがあったのでは問題ですよね。このツボでクマも撃退、おめめぱっちりです!

イライラはダメよ~ダメダメ! 身柱(しんちゅう)

しんちゅう
身柱は第3胸椎と第4胸椎の間に位置します。首を前に倒したときに、首すじに出る背骨のでっぱりから数えて4つ目と5つ目の間のところです。身は身体、柱は身体を支える意。身柱は身体を支え万病に効くツボの1つです。

元気、集中力を高めるツボと言われており、気持ちを落ち着かせイライラやストレス解消に効果があります。プレスリリースを書く前にひと押し。集中力を高め一気に書き上げてしまいましょう!

記者会見もこれで安心! 労宮(ろうきゅう)

ろうきゅう
労宮は手のひらの中央に位置します。手を握った時に、中指の先端が手のひらにあたるところです。労宮の名前の由来は諸説ありますが、労は労働を意味し、宮は中央を意味することに由来するそうです。この場所が固くなっていたら要注意。心身ともに疲れている証拠です。

心が疲れたとき、イライラしているときに効果があります。また、緊張をやわらげる効果もあるため人前で話す前に押すことでドキドキが軽くなりますよ。

松尾芭蕉並みの脚力をあなたに! 足三里(あしさんり)

あしさんり
足三里は膝のお皿の下に位置します。膝のお皿の外側にあるくぼみから指4本分下がったところです。一里は一寸を意味し、膝のお皿の外側にあるくぼみから三寸のところにあるためこの名がついたと言われています。あの松尾芭蕉がこの足三里に灸をすえて足の疲れを取り、旅を続けたとも・・・

全身の血流を促し、全身の疲れをとります。病気予防、体力増強、足の疲れ、むくみ、胃腸の症状にも効果があります。はぁ~今日は1日メディア訪問をして足が疲れたな~なんて方にぴったりのツボです。


いかがでしたか?
オフィスや出先、どこでもグリグリして、心身共にリフレッシュしましょう!
夏バテ解消にぴったりの広報担当者向けツボ紹介でした。

プレスリリースマガジンでは、プレスリリースに関する情報にとらわれることなく、広報担当者向けの有益な情報を発信していきます!!

prmag-bnr

  • このエントリーをはてなブックマークに追加