• このエントリーをはてなブックマークに追加

ダメなプレスリリースの雛形を元に書き方を解説[イベント・セミナー開催告知編]


dame_event01
【解説シリーズ!】では、各プレスリリースの内容に合わせて、ダメなサンプルリリースを基に注意すべきポイントを解説しています。VOL.1「新商品発表編」はこちら。

さて、VOL.2のテーマは、「イベント・セミナー出展のプレスリリース」です!
「イベントへの出展」をテーマに、特に気をつけたい書き方のポイントをご紹介します。

基本的な書き方や注意点については「本文作成のポイント」をご覧ください。

今回、プレスリリースの題材となる趣旨は以下の通りです。

法人向けクラウドストレージサービスを提供する株式会社Aが、2014年9月1日(月)・2日(火)の 2日間、東京ビッグサイトで開催されるB株式会社主催の「クラウドサービスEXPO 2014」(http://www.example.jp/cloudexpo2014)にブースの出展をする。

タイトル

まずは重要なタイトルから見てみましょう。
▼適切ではないプレスリリース例

株式会社A、「クラウドサービスEXPO 2014」を2開催!~3新機能発表

開催日っていつ?

期間が限られている1イベントやセミナーには「開催日」を入れると、情報に具体性が加わります。(多忙な記者にとっては非常に重要な情報ですヨ)

開催?出展?

さっそくタイトルに重大な誤りを発見!
「開催」とありますが、この言葉を使用できるのはA社ではなく「クラウドサービスEXPO 2014」を主催しているB社のみです。2A社は「ブースへ出展」するのが正しい表現ですね。
「イベントを開催」と「他社主催のイベントへ出展」では、プレスリリースの趣旨そのものが全く異なってしまいますね。選択する言葉はしっかり確認しましょう。
その他、“似て非なるもの”として挙げられる言葉には下記の表現などがあります。

開催します・・・イベントやセミナーを“主催”する企業が使用できる表現
共催します・・・2社以上の企業や団体が、共同で同一のイベントやセミナーの催しを実施する場合に使用する表現
●(イベントに)協賛します・・・他社が主催するイベントや催し物などの趣旨に賛同し人的・物的・資金的のいずれかを提供することで、自社PRなどを行う場合の表現

最後に・・・イベント内で実施することを盛り込むとよりキャッチーなタイトルに変身!

それでは、さっそくタイトルを修正してみましょう!

19/1(月)・2日(火)】株式会社A、「クラウドサービスEXPO 2014」へ2ブース出展!~クラウドストレージサービス△△△の3新機能「LAN同期機能」を発表

また、「新サービス発表」など、ブースで実施する3サプライズ企画などがある場合は、その“さわり部分”をあらかじめ記載しておくことも効果的でしょう。(ただし公開情報の取り扱いには充分ご注意を・・・)
今回は、発表内容の公表が可能な場合として、「LAN同期機能」と、より具体的な内容を記載してみました。

本文

さて、続いては本文です。
▼適切ではないプレスリリース例

法人向けクラウドストレージサービスを提供する株式会社Aは、2014年9月1日(月)・2日(火)の 2日間、東京ビッグサイトで開催されるB株式会社主催の「クラウドサービスEXPO 2014」にブースの出展をします。

 

「クラウドサービスEXPO 2014」は、日本でも有数のクラウドサービスが集まるB株式会社が主催する日本最大規模のイベントです。

 
株式会社Aは、法人向けクラウドストレージサービス「△△△」(http://www.example.jp)のデモンストレーションと2015年11月に提供開始予定の新機能「LAN同期機能」についての発表を予定しております。

 

出展詳細・お申し込みは4こちら
http://www.example.jp/cloudexpo2014

 
(以下、会社概要とお問い合わせ先の記載へ続く)

肝心な「イベント概要」が書かれていない!

おやおや!?イベント開催日時や場所、参加条件など、一番重要な情報が「本文テキスト」として全く書かれていませんね。

仮に、URLのリンク先をクリックすればイベント詳細を把握することができたとしても、あくまでもプレスリリースは「企業の公式文書」となるもの。4重要な情報はきちんと本文内にテキストで記載しましょう。
また、取材を希望するメディアにとっては、5当日のタイムスケジュールや、特に“目玉”となる催し物の説明があるととても親切ですね。

では、上記の2点を盛り込み修正してみましょう。

4
【セミナー概要】
名称:クラウドサービスEXPO 2014
日時:2014年9月1日(月))・2日(火)) 9時30分~17時00分
会場:東京ビッグサイト【展示会:展示ホールA,B】17番ブース
住所:東京都江東区有明3-21-1
参加:入場無料(事前登録制)
主催:B株式会社
URL:http://www.example.jp/cloudexpo2014

【申し込み方法】
下記URLをクリックし、お問い合わせフォームよりお申込み
http://www.example.jp/cloudexpo2014/ registrationform

【スケジュール】
09:30 開場
10:30 クラウドストレージサービス「△△△」のデモンストレーション
13:00 新機能「LAN同期機能」についての発表
14:30 クラウドストレージサービス「△△△」のデモンストレーション
16:30 Q&A

「クラウドサービスEXPO 2014」では、5実際にクラウドストレージサービス「△△△」のデモンストレーションを行いますので、実際に試用いただくことが可能です。
また製品に関するQ&Aコーナーも設けており、エンジニアも常駐しておりますのであらゆる疑問にお答えします。


いかがでしたか?
イベントやセミナーがニュース記事になれば、企業のみならず一般の生活者にも自社のことをもっと知ってもらえることにも繋がります。ぜひ “ワクワク感”が伝わってくるようなプレスリリースを作成してみてください!

その他のダメなプレスリリースの雛形を元に解説している記事はこちら

prmag-bnr

HOME
  • このエントリーをはてなブックマークに追加